ロカボなシリアル『フルグラ糖質オフ』を食べると血糖値はどれくらいあがるか?実験してみた!

ロカボ食品「カルビーフルグラ糖質オフ」を食べると、実際に血糖値がどれくらい上がるのか実験してみましたのでレポートいたします。

この記事でわかること
  1. カルビーフルグラ糖質オフを食べると血糖値はどれくらいあがるか
  2. 標準食品と比較してどう違うか

食後の血糖値を測定した食品の紹介

今回の実験で食べた食品は「カルビーフルグラ糖質オフ」です。

カルビーから販売されているシリアルで、糖質がオフになっている商品です。

スーパーでよく売っているのを見かけるので人気商品だと思います。

食品の外観

パッケージの外観とお皿に盛った状態です。

1食の標準の量をお皿に盛ってみると、かなり少ないですね。

牛乳は200mlです。

成分表

1食の標準は50g、それに牛乳200mlをかけて食べます。

試食メモ

糖質の量は、牛乳込みで28.9gなので、ロカボの基準(1食の糖質が20g〜40g)に入っています。

この表はスライドできます→→→→

項目糖質オフのフルグラ標準のフルグラ
メーカーカルビーケロッグ
品名フルグラ糖質オフフルーツグラノラハーフ
1食の量50g40g
糖質の量28.9g42.6g

注意事項

ロカボ食品にありがちな注意事項です。

注意
1食50gというのは、お皿に盛った画像を見てわかるように、かなり少ないです。食べすぎないように注意が必要です。

実験結果

カルビーフルグラ糖質オフの食後3時間までの血糖値を測定した結果はこちら。

標準のフルグラと比較しています。

血糖値測定結果

糖質オフのフルグラの方が、血糖値の上がり方が明らかに小さいですね。標準フルグラのピークが151なのに対して、糖質オフのフルグラのピークは128と低くなっています。

食後の血糖値の上がり方も小さいので結果としては良さそうです。

感想・コメント

味は標準的なフルグラに比べると甘みは少なめです。ボソボソ感がありますが、ロカボ食品にしては美味しい部類だと思います。

ただし、1食の標準量が50gになっているので、朝食といえども物足りないですね。それなら量を2倍にして食べてよいかというと、糖質の量が2倍になるので実験してみないとわかりません。

1食のフルグラの量を増やすよりも、牛乳やチーズ、ベーコン、卵などのロカボ食材を組み合わせるほうが良さそうですね。

まとめ

今回は「カルビーフルグラ糖質オフ」の食後の血糖値を測定してみました。

今回実験してみてわかったことをまとめます。

実験してわかったこと
  1. 血糖値の上がり方は少ない
  2. ロカボ食品にしては味はおいしい
  3. 1食が50gと少ないので、食べ過ぎれば血糖値は上がりそう
  4. ほかのロカボ食(卵・乳製品・肉類)とあわせるべし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です