シャトレーゼの『糖質オフケーキ』を食べると血糖値はどれくらいあがるか?実験してみた!

シャトレーゼといえばアイスで有名ですが、じつは糖質オフのスイーツのラインナップがたくさんあるのをご存知でしょうか。

そんな豊富な糖質オフ商品のなかでも特に気になる「糖質オフのケーキ」を食べると、実際に血糖値がどれくらい上がるのか実験してみましたのでレポートいたします。

この記事でわかること
  1. シャトレーゼの糖質オフケーキを食べると血糖値はどれくらいあがるか
  2. 糖質制限ダイエット中の間食としてありか

食後の血糖値を測定した食品の紹介

今回の実験で食べたのは、シャトレーゼの「糖質オフケーキ」、こちらの3種類です。

間食としてケーキを食べることを想定して、それぞれのケーキごとに血糖値を測定しました。

得意の一気食いは封印!

糖質カット糖質量値段(税込み)
チョコショートケーキ86%10.5g302円
ショートケーキ86%12.1g280円
スフレチーズケーキ72%11.1g270円

チョコショートケーキ

こんな感じのパッケージに一切れずつ入っています。

パッケージを開けるとケーキ一切れがでてきます。

成分表の下に、「エリスリトール、マルチトールを除いた糖質4.7g」とあります。

ショートケーキ

パッケージからだすとこんな感じです。

成分表には「エリスリトール、マルチトールを除いた糖質5.0g」とあります。

スフレチーズケーキ

成分表には「エリスリトール、マルチトールを除いた糖質5.3g」とあります。

注意事項

ロカボ食品にありがちな注意事項です。

注意事項

体内で消化・吸収されにくい「エリスリトール、マルチトール」も甘味料として使われていますので、それらを除いた糖質はどのケーキも糖質が5gくらいになります。

実験結果

シャトレーゼの「糖質オフケーキ」の食後3時間までの血糖値を測定した結果はこちら。

血糖値測定結果

3種類のケーキのグラフを重ねたので、数値が見づらくなってしまいましたが、どれも食後の血糖値の上がり幅が小さいことがわかります。

いちばん血糖値が上がったのがショートケーキでしたが、それでもプラス17だけでしたので、ほとんど血糖値があがらなかったといってよいと思います。

糖尿病などの疾患がないひとであれば、気にせず食べて問題ないレベルの糖質量ですね。

感想(味・量・満足感)

ご紹介した3種類のケーキは、ケーキなのですがじつは冷凍菓子になっています。

そのため、冷凍庫で保存しておけば日持ちがするのが嬉しいところです。

ただし、冷凍庫から出してすぐはケーキが凍っていますので、ムリにフォークで切り崩そうとすると、派手に飛び散って後悔します。レンジで数十秒チンしてやると食べられる硬さになります。

ケーキの生クリームの部分がアイスになっていて、ひんやりしているので味もケーキとひと味ちがった美味しさがあります。

大きさはふつうのケーキと同じくらいです。

アイスとしては300円前後は高めですが、ケーキだと考えると高くないと感じるのはわたしだけでしょうか。

味、値段ともに、とても満足でした。糖質制限ダイエット中の間食にもおすすめです。

まとめ

今回はシャトレーゼの「糖質オフケーキ」の食後の血糖値を測定してみました。

今回実験してみてわかったことをまとめます。

実験してわかったこと
  1. シャトレーゼの糖質オフケーキは、血糖値がほとんど上がらない
  2. エリスリトールなどの消化吸収しにくい糖が使われているのも効果的
  3. ケーキですが冷凍菓子なので、長期保存ができてヒンヤリした美味しさ
  4. 糖質制限ダイエット中の間食としておすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です