ロカボ飲料『コカ・コーラゼロ』を飲むと血糖値はどれくらいあがるか?実験してみた!

ロカボ飲料「コカ・コーラゼロ」を食べると、実際に血糖値がどれくらい上がるのか実験してみましたのでレポートいたします。

この記事でわかること
  1. コカ・コーラゼロを飲むと血糖値はどれくらいあがるか
  2. 標準食品と比較してどう違うか

食後の血糖値を測定した食品の紹介

今回の実験で飲んだのは「コカ・コーラゼロ」です。

糖質ゼロ・カロリーゼロの飲料なので、血糖値は上がらないと思いますが、何事も自分で確認してみないと納得できません。

実際に飲んでみて、本当に血糖値が上がらないのか検証してみましょう。

食品の外観

おなじみのコカ・コーラゼロのパッケージですね。

さすがに500mlはキツイので、今回は300mlで血糖値を測定しました。

成分表

コカ・コーラゼロの成分表です。画像が見づらくてすみません。

炭水化物(糖類0g)と書いてあります。

甘味料は、人工甘味料(スクラロース、アセスルファムK)が使われています。

試食メモ

糖質オフのコカ・コーラゼロと比較するために、今回はふつうのコカ・コーラも飲んで実験しています。

この表はスライドできます→→→→

項目糖質オフのコカ・コーラ標準のコカ・コーラ
メーカーコカ・コーラコカ・コーラ
品名コカ・コーラゼロコカ・コーラ
1食の量300ml300ml
糖質の量0g33.9g

実験結果

「コカ・コーラゼロ」の食後3時間までの血糖値を測定した結果はこちら。

血糖値測定結果

コカ・コーラゼロの血糖値は、まったく上がらなかったので予想通りでした。

ふつうのコカ・コーラの血糖値ピークが126に対して、コカ・コーラゼロのほうは血糖値が90前後で一定でした。

ふつうのコカ・コーラのほうは、思っていたほどには血糖値があがらず、ある意味では期待はずれでした。もっとガツンと上がるものかと思ってました。

人工甘味料については賛否ありますが、血糖値を上げずに飲めるものという点では安心して飲めますね。

感想(味・量・満足感)

コカ・コーラゼロを飲んでみましたが、予想通り血糖値はまったく上がりませんでした。

普段からコカ・コーラゼロを飲んでいるので、久しぶりにふつうのコカ・コーラを飲んだら甘ったるくてもう飲めないと感じました。

これからもシュワッとしたくなったら、コカ・コーラゼロを飲んでいきますよー。

まとめ

今回は「コカ・コーラゼロ」の食後の血糖値を測定してみました。

実験してみてわかったことをまとめます。

実験してわかったこと
  1. コカ・コーラゼロは、まったく血糖値が上がらない
  2. 人工甘味料を気にしないなら安心して飲める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です