いまセブンイレブンの糖質オフ飯が熱い!低糖質サンドイッチを食べると血糖値はどれくらいあがるか?

セブンイレブンには色々な糖質オフの商品が売っていますが、最近新たに発売されたのが、低糖質サンドイッチです。

本記事では、セブンイレブンの低糖質サンドイッチを食べると、血糖値がどれくらい上がるのか測定してレポートします。

この記事でわかること
  1. セブンイレブンの低糖質サンドイッチを食べると血糖値はどれくらいあがるか
  2. 低糖質サンドイッチは、糖質制限中の食事に適した商品か

食後の血糖値を測定した食品の紹介

今回の実験で食べたのはセブンイレブンの「低糖質サンドイッチ」です。

  • サラダチキン&たまご
  • たっぷりトマトと野菜

実際には、低糖質を全面に売り出したパッケージではありませんが、成分表を見ると糖質が抑えめになっていることがわかります。

値段(税込み)糖質
サラダチキン&たまご345円15.6g
たっぷりトマトと野菜345円21.2g
合計690円36.8g

サラダチキン&たまご

パッケージを見ると、タンパク質アピールはしてますが、低糖質はアピールしていませんので、もったいないですね。

値段は税込みで345円なので、ふつうのサンドイッチよりも少し高めです。

原料を見るとわかりますが、具には蒸し鶏と、ゆで卵、ハム、レタスが挟まっていて豪華ですが、糖質は15.6gと抑えめになっています。

このボリュームなら345円も納得かもしれません。

たっぷりトマトと野菜

家に持って返ってくる途中で、グニャっとなってしまいました。

こちらも低糖質アピールしてくれたら、もっと早く買ってたんですが。

こちらも345円ですが、具材はトマト、ハム、ゆで卵、レタスとボリュームがあります。

トマトがたくさん挟まっていて、野菜不足を補うにはもってこいです。この時点で、おいしいのは確定。

実験結果

セブンイレブン「低糖質サンドイッチ」の食後3時間までの血糖値を測定した結果はこちら。

血糖値測定結果

サンドイッチを2つ食べたのですが、思ったより血糖値はあがりませんでした。

上がり方も下がり方も緩やかなので、具材たっぷりの低糖質サンドイッチは、糖質制限中のひとにとって、とても良い商品ですね。

感想(味・量・満足感)

低糖質系のサンドイッチは、低糖質でないサンドイッチに比べると値段は高めですが、味・量ともにとても満足感がありました。

サラダチキン&たまごサンドは、スパイシーなソースがアクセントになっていて美味しいですし、たっぷりトマトと野菜サンドは、野菜たっぷりでジューシーなので、野菜が不足しているひとには超おすすめです。

ロカボ食の基準は、1食の糖質が40gが基準なので、サンドイッチ2つでちょうどいい感じです。

まとめ

今回はセブンイレブン「低糖質サンドイッチ」の食後の血糖値を測定してみました。

今回実験してみてわかったことをまとめます。

実験してわかったこと
  1. セブンイレブン「低糖質サンドイッチ」は、血糖値があまりあがらない
  2. 低糖質ながら味は抜群においしい
  3. サンドイッチ2つで糖質40gくらいなので、糖質制限中でも満足できるボリューム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です