無印良品『糖質10g以下のパン&お菓子』を食べると血糖値はどれくらいあがるか?実験してみた!

無印良品といえば、衣料品から日常の周りの品まで幅広く取り揃えていて、デザインはシンプルでセンスの良いイメージがありますね。

特に最近ラインナップが充実しているのが、糖質10g以下のパンとお菓子です。

今回は、無印良品「糖質10g以下のパン&お菓子」を食べると、実際に血糖値がどれくらい上がるのか実験してみましたのでレポートいたします。

この記事でわかること
  1. 無印良品「糖質10g以下パン&お菓子」を食べると血糖値はどれくらいあがるか
  2. ロカボな食事としてアリなのか

食後の血糖値を測定した食品の紹介

今回の実験で食べたのは無印良品「糖質10g以下パン&お菓子」です。

糖質が10g以下に統一されているので、糖質の計算がとてもラクだと感じました。

また、ラインナップがパン、半生菓子、焼き菓子、スナックと色々あるところが嬉しくて、2つ・3つと組み合わせて食事とお菓子を買ってもOKです。

引用:無印良品

ひとつ糖質10g以下のパンやお菓子ですから、ひとつだけ食べても血糖値が上がらないのは目に見えています。

そこで、今回は予算500円の範囲内でパンとお菓子を買って、血糖値を測定してみました。

購入した商品

500円の予算で購入した商品はコチラの3品です。

パン2個とお菓子1つなので、1食の量としてはちょうど良さそうです。野菜とか肉がないので偏りがありますけどね。

値段(税込み)糖質
シナモンロール150円7.4g
クロワッサン150円4.6g
きなこチョコがけ大豆190円5.44g
合計490円17.44g

シナモンロール

クロワッサン

きなこチョコがけ大豆

注意事項

無印良品の糖質10g以下のシリーズは、一部の店舗とネットで購入ができます。

横浜の無印良品3店舗に行きましたが、1店舗でしか売っていませんでした。

お近くの店舗で売ってない場合は、ネットで購入したほうが便利かもしれません。

実験結果

無印良品「糖質10g以下パン&お菓子」の食後3時間までの血糖値を測定した結果はこちら。

血糖値測定結果

パン2個(シナモンロールとクロワッサン)とお菓子(きなこチョコがけ大豆)を一気食いしたので、ガガっと血糖値があがるかなと思ったのですが、結果はほとんど上がらずでした。

ほかの食品の場合は、だいたい食後1時間くらいで血糖値のピークを迎えるのですが、今回は30分くらいでふわっと上がった後に、2時間後くらいにもピークがありました。

いずれにしても、血糖値はあまり上がらないので、ロカボ食品として優秀ですね。

感想(味・量・満足感)

糖質オフの商品ですが、味はそれなりに美味しかったです。

シナモンロールは、甘みがありますし中にクルミが入っていて、単品でも美味しいです。クロワッサンはプレーンな味なので、そのまま食べるよりも、家で朝食を食べるときのパンにするのがベターです。

きなこチョコがけ大豆は、きなこチョコと大豆が良く合っていて、食感も良いのでおすすめです。

お店で商品を買うときは、量がかなり少ないなと思いました。それでも500円で買えた3品を食べてみたら、それなりの量だったので、そこそこ満足できました。

まとめ

今回は無印良品「糖質10g以下のパン&お菓子」の食後の血糖値を測定してみました。

今回実験してみてわかったことをまとめます。

実験してわかったこと
  1. 無印良品の糖質10g以下食品は、あまり血糖値が上がらない
  2. 味はそれなり、量は少なめ
  3. 糖質が10g以下に統一されているので、糖質計算がラク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です